日本シニアライオンズクラブ連絡協議会

第1回札幌

第1回シニアフォーラムin札幌

文字サイズ

2003年9月 札幌 主催 サッポロシニアLC

札幌宣言     

 全国にある30のシニアライオンズクラブのうち、20クラブ180人が参加して、2003年9月7日、ライオンズクラブ国際協会の精神に則り、高齢化社会を迎える中で、志を同じくする仲間の絆を強めるために、次のように「札幌宣言」を発表する。

1.世界の平和と人類の幸せを願う日本にとって、次代を担う青少年の育成は重要なテ-マである。
  近年、凶悪犯罪の低年齢化が進んでおり、我々は経験と知性を生かし、健全で夢のある青少年の育成に重点
  的、継続的に取り組む。

1. クラブ・ライフを楽しみ、地域社会への労力奉仕を強めるために、全員が一致協力して、善良な特性を備えた
  会員の増強に努める。

1.厳しい経済情勢の中で、上部機関への費用が、毎年のように増額している。
  ゆとりのない予算の中、クラブ活動に支障をきたしており、上部機関は経費節減に努力すべきだ。

附記
① 善良な徳性とは、社会的地位や資産の有無、学歴の優劣ではなく、奉仕の心が重要であると考える事である。

② 高齢化社会に突き進む中で、ボランテイア活動に情熱を燃やす熟年が激増している。
  シニアライオンズクラブは、そのパイオニア的存在として、これからも増えることが期待される。
  シニアライオンズクラブ間の友情、親善、相互理解を深めるために、少なくとも3年に1回は、全国規模の
  「シニア・フォ-ラム」を開催し、ウイ・サ-ブの原点と未来を語り合うことを願う。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional