日本シニアライオンズクラブ連絡協議会

協議会規約

日本シニアライオンズクラブ連絡協議会規約

文字サイズ

(名称)
第1条 この会の名称は、日本シニアライオンズクラブ連絡協議会(以下「協議会」)という。

(会員)
第2条 協議会の会員は、ライオンズクラブ国際協会に加盟する日本のシニアライオンズクラブで、協議会の活動と目的に賛同するライオンズクラブとする。

(活動と目的)
第3条 協議会の活動は、日本の高齢化社会において、シニアライオンズクラブが、その知識と経験を生かし、ウイ・サーブの原点と未来を語り合う「日本シニアライオンズフォーラム」を開催する。クラブ間の連絡を密にし、友情・親善・相互理解を深め、シニアライオンズの結成にも力を入れて、ライオンズクラブの発展に寄与することを目的とする。

(日本シニアライオンズフォーラム)
第4条 日本シニアライオンズフォーラムは2,3年毎に複合地区持ち回りで開催する。
2 主管クラブは、その複合地区のシニアライオンズクラブで決める。単一、複数クラブでも構わない。

(役員 幹事及び会計監査)
第5条 各複合地区に一人の幹事を置く。
2 幹事は、各複合地区内のシニアライオンズクラブの互選により選任する。
3 幹事は、幹事会を構成し、協議会を運営する。
4 幹事会に代表幹事一人、副代表幹事二人を置く。代表幹事は、フォーラムを開催したクラブから選出する。
  副代表幹事は、前回と次回フォーラム開催複合地区より各一人選出する。
5 代表幹事は、協議会・幹事会の運営を総理し、会議の議長となる。
6 副代表幹事は、代表幹事を補佐する。
7 代表幹事と副代表幹事の任期は、次回のフォーラム終了までとする。
8 幹事会は、必要に応じて開催する。
9 顧問(代表幹事経験者等)を若干名置く。
10 会計監査二人を置く。

(事務局)
第6条 協議会に事務局を置く。
2 各幹事、シニアライオンズクラブと連絡を取り、活動の円滑な推進を図る。
3 事務局に事務局長及び会計を置く。
4 事務局長及び会計は、代表幹事が指名する。

(経費)
第7条 協議会の運営費として加入クラブは年間1万円の会費を支払う。
(会費運用)事務局経費(通信費・書類作成・報告書・議事録)
      役員経費(通信費・役員会参加交通費等)
      幹事会会議費(役員・代理参加者) 
      フォーラム開催準備費(ホストクラブ及び合同事務局)
      役員の役員会・幹事会開催時参加費。
(慶弔費) 現役の協議会役員が死亡した時は香典1万円及び弔電を以って敬意を表する。
この場合、各複合地区幹事から事務局への要請とする。

(表彰)
第8条 シニアライオンズクラブに相応しい活動や協議会の発展に尽くした協議会加盟クラブ、会員については
幹事会の協議によって表彰することが出来る。

(その他)
第9条 規約の改正や規約にない必要な事項は、幹事会の協議により定める。
附 則
 この規約は、2004年8月11日から施行する。 
(改正1) 2005年10月9日 (改正2) 2006年10月18日(改正3)2007年5月22日 
(改正4) 2009年2月10日 (改正5) 2012年 5月16日 (改正6)2015年5月13日
(改正7) 2017年2月10日 

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional